人道の港 敦賀ムゼウム

敦賀港は、1920年に「ポーランド孤児」、1940年には、「命のビザ」を持ったユダヤ人難民が上陸した日本で唯一の港です。
古くから大陸への玄関口として栄え、「東洋の波止場」と謳われた敦賀港は「人道の港」でもあったことから、人道の港敦賀ムゼウムはそれらに関した資料を展示している施設です。

現在、新しい施設への移転準備中です。11月3日(火・祝)リニューアルオープン

現在の施設情報

開館時間 9:00~17:00
 ※展示協力金として100円お願いしております。

施設住所 福井県敦賀市金ヶ崎44-1

現在の施設の外観

館内の展示

施設の詳しい情報は、敦賀市のホームページをご確認ください。≪敦賀市HP≫

新ムゼウム全体のイメージ図
新ムゼウムの建物外観

新ムゼウムのロゴ